ストラクチュラル・インテグレーションの基本の10セッション - in English

「この10セッションは、特別な誰かのためのものではなくどなたでも体験できる「心身の成熟と洗練のプロセス」です。
すべての要素は構造全体に影響しています。基本の10セッションでは要素~構造の関係性を一新します。

表層筋膜を開放するセッション

  • セッション1:
  • 要素:広い範囲の表層筋膜 機能的目標(以下目標):重力に委ねる感覚を獲得

    (単独で行うことが出来ますので、体験を希望される方にはこのセッションを行ないます)

  • セッション2:
  • 要素:膝下の構造 目標:地についた足、機能的な足
  • セッション3:
  • 要素:上半身の外側と腕の構造 目標:身体の前後への拡がり

身体の核の構造をつくり上げるセッション

  • セッション4:
  • 要素:下半身の内側、骨盤内臓の構造 目標;両脚の軸(下半身の柱)
  • セッション5:
  • 要素:上半身の前面、腹腔内臓の構造 目標:安定し軽い上半身(屋根)
  • セッション6:
  • 要素:下半身の後面、後腹膜内臓の構造 目標:骨盤の中心を通る軸(身体の南極)
  • セッション7:
  • 要素:胸腔内臓、肩、頚、頭、顔面 目標:上方に向かって伸びる身体(身体の北極)

構造の組み立て(統合)を行なうセッション

セッション8、セッション9、セッション10:上半身、下半身、全身と順に、垂直な重力とつり合い圧縮されない構造に統合

私たちは重力という大きな力に影響を受けています。身体の大部分は、とてもたくましく、弾力に富んだ結合組織(筋膜を含む)によって支えられていてその結合組織には緊張があり、骨・神経・筋・内臓・血管のすべてを包み支え層をなしています。

従来、身体に不調があるとその「局所=その臓器」に対して治療が必要と考えられてきました。果たして、局所の症状はそのものが原因なのでしょうか。

身体中をクモの巣状に張り巡っている結合組織は、心身の状態を反映しています。

心身の緊張とは、文字通り心の緊張と身体の緊張の相互関係です。

緊張を亢進させる状態とは憤怒、嘆き、怖れ、外傷、痛み、力みなどで、緩む状態とは快、喜び、安心、疲労などです。

人生の中で心身の緊張がありそれが持続する(反復する)と、身体全体の結合組織、神経や循環のシステムにも特有のパターンが作られていきます。

10セッションシリーズでは、結合組織のパターンに注目して導き、伸長、解放します。10セッションのレシピに沿って全身に働きかけます。その結果、結合組織は適切な緊張となり、全身の関節、骨、内臓はスペースを回復し、重力線に沿って伸びやかな姿勢で活動出来るようになります。

ポスト10セッション

いずれも10セッションを受けて数ヶ月後、身体の再構造が進んだ後に受けるシリーズです。

3セッションシリーズ

身体構造の変化や成熟に応じて、3回のセッションによって、上半身・下半身・ライン(全身を通り抜ける垂直線)を組織化します。不必要なものを取り除いて、必要なものを加えます。

5セッションシリーズ

3セッションシリーズを経て重力と三次元的にバランスされた構造に対して、さらなる『連続性』と『成熟』を促します。身体はより軸を感じながら動けるようになります。